他にはない即効性が魅力

ED治療薬として全世界に衝撃を与えたバイアグラの次に発売されたED治療薬として注目を集めたのがアスピリンを開発したことで有名なバイエル薬品から発売されたレビトラです。

円形の外形が特徴で薬剤に「BAYER」の刻印されていてオレンジ色の円形の外形をしています。

日本で発売されたのが2001年12月に厚労省に申請をしてそこから約3年が経った2004年4月に製造販売が許可されてまず2004年6月に主成分であるバルデナフィルが「5mg」と「10mg」配合されたものが販売されてそこから3年経った2007年7月に発売されたのです。

2001年の12月に申請をしてから実に6年経って初めてバイエル薬品が作った三つの規格が販売されるようになったのです。

レビトラの20mgを早く使いたいと思ったら当時は医薬品個人輸入代行サイトを利用するしかなかったのです。

レビトラの有効成分バルデナフィルは水溶性で他のED治療薬の有効成分と比べると溶けやすい性質を持っています。

そのため服用してから成分が吸収されるのが早いのでレビトラには即効性があります。

バイアグラ同様に空腹時でないと効果が出づらいといわれています。

レビトラは食事の影響を受けないと言うところもありますが、レビトラは食事の影響を受けます!注意してください。

とはいえ700kcal以内でなおかつ脂質が30%以内のものであれば少しであれば口にしても大丈夫とは言われています。

しかし、いちいち旅先のデートだったり、食事の度にカロリーと脂質計算をするとなるは大変だと思いますから最初からレビトラを使おうと思ったら低カロリーで脂質の少ないものを選ぶようにしましょう。

勃起は、性的刺激・興奮を受けることで陰茎海綿体に血管が収縮して勃起が始まります。そして勃起を持続させるためのPED5阻害させて勃起を長持ちさせて挿入時でも途中で中折れしないようにするようになっています。

レビトラは服用すれば勃起をするという薬ではないということは覚えておきましょう。性的刺激を受けなかったら勃起はしませんので日常に支障をきたすということもありません。

服用したからといって強制的に勃起に至ったり、媚薬効果はありません。

空腹時に処方してから最短で10分程度で効果を発揮し始める人もいますが、大体30分ほどで効果が最大限に至ります。

そのため付き合いたてのカップルだったり、いきなりホテルに行ってベッドインするタイミングであってもホテルに入ってからでも十分レビトラの場合であれば十分に間に合うのです。

先に女性をお風呂に入ってもらっている間にレビトラを服用したら間に合うので常に手元に備えておきたい薬ともいえますよね。

薬の効果もレビトラ20mgであれば最大10時間持つので性行為をするのには十分すぎる時間があるといえますし、1日に何度もしたいと思っても昼に飲んでも夜までは持ちますので時間帯さえ考えれば十分可能です。

非常に使い勝手がいいので是非ともレビトラは持っておきたいED治療薬と言えます。