購入できなくなる可能性が大

今までレビトラのジェネリック医薬品は特許の関係からインドでしかジェネリック医薬品が製造販売されていませんでした。

しかし、今現在レビトラのジェネリック医薬品の製造販売がインドで中止になって今は現在製造されて出荷されているものしか購入することが出来ない状態になっています。

その理由としては他の国が特許が切れるまで製造販売をしてはいけないものがインドの法律上製造しても問題なかったからこそジェネリック医薬品を製造販売しても問題なかったのです。

それに異を唱えたレビトラ錠の製造元であるバイエル薬品が主成分であるバルデナフィル自体に特許を取得したことによって製造できなくなったようです。

特許の内容については詳しくは分かりませんが、大事なのはレビトラのジェネリック医薬品がどんどん品薄になってしまうということです。

もし興味があるのであれば早めに入手しておかないとどんどん値段が上がってきています。

今現在では、再販売する薬品メーカーがあるかどうかは分かっていませんし、今後は作られなくなる可能性も出てきます。

インド以外でも正式にジェネリック医薬品が作られて販売が開始される予定は今のところまだ正式には決まっていません。

予測としては2018年の11月以降ではないかと言われていますが、それでもまだ当分先との見方が出ています。

今すぐジェネリック医薬品を試したいと思うのであれば早めに医薬品個人輸入代行サイトを利用して手に入れましょう。

有名なレビトラのジェネリック医薬品がバリフです。バリフは20mgのみが販売されています。

バリフを製造しているのはインドのアジャンタ・ファーマ社であり、2000年にインドの株式市場に上場しています。

アジャンタファーマ社は、インドでのムンバイに本社を構える大手の製薬メーカーであり、最先端技術を持つ5つの工場で医薬品を製造しており、25カ国に輸出しています。

1錠あたり140円から250円ほどで販売されていますが、レビトラと比べると最大で10分の1程度購入できるということでコストパフォーマンスは圧倒的にバリフがお得です。

レビトラ同様に服用してから30分ほどで効果を発揮する即効性が魅力ですよね。

空腹時で服用することが一番ですが、カロリーの少ない簡単なおつまみ程度であれば大丈夫です。

薬の持続時間は10時間効きますので性行為をするのには十分すぎると言っていいでしょう。

咄嗟の性行為のときでも十分にも対応することができるので手元に持っておいて損はないでしょう。

ED治療薬の消費期限は2年以上持ちますのでなくなる前に持っておきましょう。