勃起不全になる原因は色々とある

世界中で勃起不全に悩む人が増えてきている中でますますED治療薬の需要というのは増えていっています。

男性の5人に1人は勃起不全に不安を抱えていたり、途中で中折れをしたり、完全に勃起しなくなってしまったという人もいます。

年齢を重ねれば性的欲求や興奮も薄まっていくので仕方のない部分は確かにありますが、若い人でも勃起不全に悩んでいるという人もいます。

なぜ勃起不全になってしまうのかの原因を知ることが大切なのですが、大きく分けて二つの要因があります。

一つは精神的ストレスによって勃起不全になってしまうということです。

例えば仕事が忙しくかったり、ストレスを抱えていて性行為をする気にすらならず性行為をしないことが当たり前となってしまって射精をしないことに慣れてしまって勃起不全になってしまったというケースがあります。

他にはパートナーの女性から「Hが下手」とか「つまらない男」といったひどい言葉を浴びせられたことがショックで性行為に対して苦手意識を持ってしまってEDなってしまうケースです。

若い人が勃起不全になる要因は精神的ショックやストレスなどが原因でなることが多いと言われています。

精神的な要因でEDになってしまうと言う人はとにかく失敗を恐れずに性行為をすることを心がけましょう。性行為が楽しいと思えたり、性行為をすること自体が自然に行えるようになったら自分の力でも勃起をすることが十分に可能です。

もう一つは生活習慣によってEDになってしまうというケースがあります。

糖尿病は高血圧、脂質異常症の人はEDになりやすいと言われています。糖尿病患者の実に8割がEDということを自覚していると言われているほどです。

脂質の多い食事や炭水化物の摂りすぎといった暴飲暴食などが原因でEDになる人は多いです。

日本では飽食と言われているほど食に困るということはないですよね。とくに運動をしないことで血管の流れが悪くなったり、カロリーを消費したり、筋肉が動かさないことでの基礎代謝の低下などで脂肪が溜まりやすい状況になっています。

そうなれば血流が悪くなって勃起不全になりやすい状況をなってしまいますので生活習慣病と密接な関係があると言われていますので気をつけましょう。

運動をしよう

生活習慣によってEDになってしまったという人は運動をするようにしましょう。今の時代は運動をする機会がどんどん減ってきている中でコンビニなどの脂質の高いものなどを簡単に変えてしまう時代でもあります。

通勤も電車や車がほとんどで運動はしないですよね。座りっぱなしの仕事をしていれば体を動かす機会がめっきり減ってしまいます。

電車通勤の人は最寄り駅の一つ前に降りて歩いて帰ったり、車を運転する人などは休日に散歩をしたりしてみましょう。

いきなりハードなトレーニングではなくて最初は軽いジョギングなどから始めていってそこから徐々にランニングや水泳などをして基礎代謝を高めていきましょう。

水泳などは全身運動なので血流の流れも良くなります。

さらに筋トレなどをすれば身体も引き締まっていきますし、男性ホルモンが活性化されます。筋トレをして自分に自信がついてきますし、男性は筋トレをして悪いことはないと言われているほど身体にいい影響を与えます。

筋トレもハードなトレーニングをいきなりすると身体がついてこないので最初は軽めのものからスタートをしていきましょう。

生活リズムと食生活の改善

今まで暴飲暴食をしていた蓄積が糖尿病だったり、生活習慣病になってEDになってしまったのであれば同じように食生活を改善する必要があります。

脂質の多いものばかりを食べるのではなくて野菜や魚や納豆をはじめとした大豆、卵や海藻といった身体にいいものを積極的に取り入れるようにしましょう。

一つのものを食べ過ぎてしまえば偏ってしまいます。大事なのは満遍なく食べるということとゆっくりとしっかりと噛んで味わうことが大切です。

また夜更かしや生活リズムがガタガタ担ってしまう人は身体の代謝なども下がってしまったりするのでいつも同じ時間に寝るようにしましょう。

いきなり生活リズムや食生活を変えたからといって急に身体に変化が訪れるわけではありません。

何年も偏った食事を摂った人は何ヶ月、1年単位といった長い周期で身体を改善させる必要がありますが、正しい食生活を続けていれば少しずつですが、身体も変化してきます。

正しい食生活と運動をすることでED予防になりますし、それがEDを治す方法でもあるということを覚えておきましょう。