夢の薬の誕生

1999年にアメリカのファイザー社から誕生した青色で菱形の外形で中身は白い薬剤のがバイアグラです。

発売当初からアメリカで一気に話題になっており、ファイザー社に関してはバイアグラを発売をしたことで一気に世界有数の製薬会社に一気に躍進したキッカケになったと思います。

2016年現在においてもファイザー社は世界トップの売り上げを誇る製薬会社です。

ファイザー社から男にとって見れば夢の薬とも言えるED治療薬が誕生したとなれば多くの勃起不全に悩む男性がまずは試してみたいと思って病院に行ったことでしょう。

バイアグラは三つの規格で販売されており、「25mg、50mg、100mg」がありますが、日本では「25mg、50mg」しか販売されていません。

アジア人の体型だと「100mg」を服用した場合効きすぎてしまうということで販売されていません。しかし、「100mg」を半分に割って服用したら経済的にもかなりお得ですよね。

ですからバイアグラの「100mg」が欲しいと思ったら医薬品個人輸入代行サイトを使って購入するようにしましょう。

しかし、医薬品個人輸入代行サイトを使って「100mg」を使う際は最初に「50mg」を使って効果を実感できるかどうかを試すようにしましょう。

バイアグラは食事の影響を非常に受けやすく空腹時の状態でしか効果を発揮しないと言われています。

薬の効果は4時間~5時間ほど効果を発揮し、服用してから大体早い人で30分から聞き始めて1時間ぐらいで大体の方が効果を発揮すると言われています。

バイアグラの誕生秘話で有名なのが最初は違った薬として研究が進んでいたことですよね。

最初は狭心症の治療薬として開発されていたバイアグラは思うような成果を得ることが出来ずに開発の中止が決定しました。

そこで被験者から薬を返してもらおうと思ったのですが、中々被験者たちが薬を返したがらないということで話を聞いてみると勃起しやすくなったとか、中折れしづらくなったとか言う声が上がってだったらED治療薬として研究をしようということになったのです。

バイアグラについてあまり知らない人は媚薬効果が入っているとか服用したら半強制的に勃起をしてしまうと言う誤った認識をしている人がいますが、バイアグラに媚薬効果はありません。

血流を良くするための薬であり、性的興奮があって初めて勃起に至るので服用しても性的興奮がなければ日常生活に支障はないのです。

バイアグラの名前の由来はVITAL(生き生きとした)とNIAGARA(ナイアガラの滝)の二つの単語を合わせて出来た名前で、「男性の精力(生命力)がナイアガラの滝のように溢れ出るほど満たされる」といった意味が込められているとのことです。

バイアグラが誕生したことによってEDになって性行為が十分に出来なくて悩む男性だけではなくてパートナーの女性も救った点ですよね。

EDになって恥ずかしいと思うかもしれませんが、なってしまったことはしょうがないのでそれよりもしっかりと治療薬を服用してパートナーとの性行為を楽しんだほうが夫婦生活もうまくいくものですよね。