色々な種類が出来ている

バイアグラは世界で最も有名なED治療薬でもありますよね。EDに悩んでいない人でも名前ぐらいは聞いたことがあるという人も多く、これだけメジャーな薬名わけですからジェネリック医薬品も多種多様に様々なバリエーションが出来ています。

バイアグラの製造特許と、物質特許が切れたことで世界中で作られています。

ジェネリック医薬品として認められるのは生物学的同等性と長期保存試験や加速試験などの薬剤の安定性を証明をして、しかるべき手続きをとって厚労省から製造販売承認を得ることができて発売をすることが可能です。

ジェネリック医薬品といえども販売に至るまでに厳しい試験をクリアをしないといけません。

2014年の5月に東和薬品株式会社が水なしで飲める唾液のみですぐに解けるお薬を「レモン風味」「コーヒー風味」で販売を開始しました。

それからは合計10社からバイアグラジェネリック医薬品が販売開始されたので多種多様なバリエーション豊富に作られていました。

色々な種類があるのでどれを選んでも厳しい検査をクリアしている日本のジェネリック医薬品ですから気にしなくて大丈夫でしょう。

どれで選んでいいのか分からなければやはり値段だったり、飲みやすさや使いやすさで選ぶようにしましょう。

ジェネリック医薬品には小さく飲みやすくなった形状だったり、溶けやすくなったり、持ち運びに便利なものが発売されています。

錠剤タイプじゃないと薬を飲んだ気にならないという人もいますし、持ち運びに便利な薬などがあるので最終的に自分に取って使いやすいというのは人それぞれだと思います。

ですのでバイアグラのジェネリック医薬品を使用さえしておけば基本的には自分の好みで使用して問題ないと言えます。

バイアグラと同様に空腹時でしか効果を発揮することが出来ません。

食事の影響を非常に受けやすいので気をつけるようにしましょう。

薬の効果時間は最大5時間ほどです。

薬の効果は30分から効き始めて1時間ほどで効果が最大になると言われています。

バイアグラ以外にもED治療薬は誕生しており日本でも知名度はどんどん高くなっています。

それでもなお未だにバイアグラじゃなければ効果を発揮しなくて使い続けているという人も多いです。

未だに日本国内でのシェア率に関して言えばバイアグラやバイアグラジェネリックが高いシェア率を誇っています。